ゆるドラでのユニットの集め方、デッキ構築の指南

※初心者向けの記事なので定期的にTOPに持ってきますね。
頑張っていきましょう(*´ω`)

どうもです。
今回はどのようなユニットを狙ったらよいのか
どういうデッキを組んだらよいのかに特化して説明していきますね(`・ω・´)

序盤の進め方については
コチラの記事を参照ください。
今ゆるドラシルを始める方へ
凄く古い記事だけど、基本は変わりません。
まずはプレイヤーレベル上げてデッキコストの上限を上げるのです。

 

ユニットの育成優先順

ゆるドラのユニットは凄い種類いるため、どれから育てたらよいのか非常に迷われるかと思います。
その際での参考になりましたら幸いです。

最初に育成すべきなのは
4技にヒールオール、ハイオートヒール等の
全体HP回復技を持つユニットですね。

全体回復技を持つユニットが非常に少ないため
手持ちにいない場面を多々あるかと思われますが、いる場合は優先的に育てておきましょう。
回復持ちは全属性で欲しいです。

一応目安のユニットを挙げておきます。
・炎属性
 鳳凰(毎日の無料ガチャから登場)

・氷属性
 フレイヤ(毎日の無料ガチャから登場)

・風属性
 アルヴィト(毎日の無料ガチャから登場)
 フリッグ(毎日の無料ガチャから登場)
 ツクヨミ(毎日の無料ガチャから登場)

・雷属性
 スクナヒコナ(メダルユニット)

・光属性
 ヴェルダンディ(毎日の無料ガチャから登場)

・闇属性
 グルヴェイグ(限定の副産物として狙う)

優先度高めとは書きましたが
狙いに行くのではなく、副産物として出たら即行で育成しましょうという考えでお願いします。
ついでに出てくれても凄く優秀だから!

ちなみに上図のフレイヤは最初期からいるユニットなのですが
普通に優秀であるため
今でも使う場面があったりします(*´ω`)

 

次に優先度が高いのは、HPが高い4乱・4単持ちのアタッカーになりますね。
出来ればリーダースキルで祝福があると嬉しい。

序盤におけるイベント攻略要員ですね。
先ほどのヒーラー、今回のアタッカーが
同属性で組ませられるようになればイベント攻略の足掛かりになるかと思います(*´ω`)

HPが高くとも、4全持ちの育成は序盤ではオススメしません。
あくまでもボスへのダメージソースが安定しだしたら育成を始めるのが良いですよ。

最終的に4全持ちも当然必要となってくるのですが
狙うのはまだ早い。
まずは安定して毎イベントのボスを倒せるようにしていきましょう。

また耐久用としてリカバリーやディスペル持ちも育てておきたいところですが
そこは必要となったボスが出てきたときにでも育成を始めるくらいで良いです。

使う場面でもないのに育成しても
有用性が理解しにくいですからね。
どういう場面で活きてくるのか、理解したうえで育成していきましょう。

 

そして次に優先度が高いのが
素早さが高い4単・4乱持ち
※4乱の方が汎用性の兼ね合いから優先度高いです。

後述しますが、最終的に目指したい神楽デッキのアタッカーを確保しておきたいので
余裕が出てきた段階で育成していきましょう。
アタッカー1~2体の状態では心もとないですが
4体以上のアタッカーで神楽デッキが運用できるようになると、大抵のステージはごり押せるようになります。

この位置にいるのは単純に強く
当然、手に入りにくいよう設定されているので、数を揃えるのが困難であるためです。
いきなり神楽デッキで全属性埋めてやろう!なんて甘い考えをしてはいけないw

 

ほかにも当然いろんなタイプのユニットがいますが
この辺りにしておきますね。
余り紹介しても頭が追い付かないと思いますので。

他にも最近更新追い付いていないですが
各属性のオススメしたい限定ユニットのコーナーも設けておりますので
参考にしてみてくださいね。

初心者にオススメしたい限定ユニット炎属性編
氷属性
風属性
雷属性
光属性
闇属性

続いては
デッキ構築例を紹介していきます。

 

デッキ構築例

まずは序盤のクエスト、イベント攻略にオススメな
リーダースキルの祝福・聖戦を使った耐久デッキですね。

理由としては時間はかかるが多くの場所で使え
且つ、デッキ構築の幅が広く初心者でも組みやすく扱いやすいという点があるからですね。
ヒーラーと「祝福 or 聖戦」持ちがいれば、もうそれだけで形になります。
後はアタッカーを持ってくれば良いのです。

そしてフレンドさんは
「祝福 or 聖戦」を借りてきて
最終的に「祝福×聖戦」の形になるようにしましょう。

祝福の効果はHP増強で
聖戦の効果はヒール等の回復量アップ+コマンドゲージの回復量アップなので
ヒールオールの回転率も上がり、HP増強により敵からのダメージにもある程度耐性が付くため
耐久戦に向くと考えられています。

まずはここから組んでいきましょう。
基本を覚えてこそ応用が利く!

 

そして人気の高い神楽デッキ
大体素早さ58以上(早ければ早いほど良い)のユニットを中心に構成し
自身、フレンド共に素早さが増強されるリーダースキル「神楽」を選択するデッキとなってますね。
これは一度見てもらうしかないのですが
相手が行動するまでに各ユニットが3~4回行動することとなるので、手数が恐ろしいことになります。
戦いは手数だよ兄貴!なデッキですね。

ただし前述した通り
神楽持ちは基本的に貴重で手に入りにくく
メンツを揃えるのも大変なので、完成までが遠いデッキとなっているかと。

 

そして、優先度は相当低いですが
このデッキも紹介しておきたい!

それがこの
防御力を2000以上にしたメンツで固め、
自身、フレンドのリーダースキルは御衣を採用した「御衣デッキ」!

大抵のアプリは防御力を軽視しがちな傾向にあるかと思いますが
ゆるドラの防御力は御衣を適用した場合面白く。

ある程度の敵の攻撃なら完全にシャットアウトしてしまう性質がありますw
上図は敵の4全攻撃でも全て1桁ダメージまで減らしてしまっています。
これならいくら殴られようが倒れることはない!

当然、弱点はあって。
どうしても防御力に重きを置くためHPに割く余裕がなくなり、固定ダメージに弱くなる。
毒などの固定スリップダメージに弱いなどの特殊な搦め手に弱くなっていますね。
攻略に時間がかかるため、リーダーにしたがらない人も多く組みやすい光以外の御衣が実現しにくい。

ですが、単純な殴り合いなら負けることはないため
高難易度クエストでは度々お呼ばれします。

余裕が出てきたころに
光だけは作っておきましょう。
必ずやあなたの役に立つはずです!

 

ということで
たまの指南記事でした。
ある程度知っている身なので、初心者の方への指南になっているか不安になりますが
少しでも参考になりましたら幸いです♪

こういう記事はちょっとずつでも増やしていきたい。

 

スポンサードリンク



前後の関連記事



この記事へ9件のコメント

  1. ff ざき。
    2020年3月27日 13:37

    更新お疲れ様です!
    初心者さん出来るだけいっぱい増えると良いな〜。
    ゆるドラはもうちょっと広告系頑張れば少しは人口増えると思うんだが…。

    フレイヤさんはいつまでもヒーラーとして色あせない感じがあります。
    いざという時の耐久で、ゆるドラ歴が長くても重宝するヒール・スロウ・ヒルオ。
    そして、メダルの癖してスクナヒコナが良すぎるw
    リムル&プリマベール難民的には救世主ですw

    耐久パだと僕は雷エルルーンをフレさんから借りるのにハマってます。
    エルルーン×エルルーンにすればHP60%回復60%攻撃20%というイかれた補正値になりますしねw
    次のPvPで証交換しようと思ってます。

    そして神楽。速さこそ正義w
    一部の方々では運営公式チートと呼ばれている程の安定した強さ。
    しかしその完成までの道の辛さは折り紙つき。
    一年半以上プレイしていますが、闇に至っては神楽LS持ちすら持っていませんw
    最初のうちはフレさんから神楽を借りて、御剣×神楽、聖戦×神楽も良いかもしれないです。

    御衣はどれか一つの属性だけは確実に揃えた方が良いと思ってます。
    出来るなら最初は闇か光で。
    先日の円卓イベEXでも重宝しましたしね。
    固定ダメと戦闘が終わるまでの時間以外の敵は無いような気がします。
    復活コマンドや根性コマンドを使えば固定ダメすら完封出来ますしねw

    ゆるドラは各ステージで試行錯誤して攻略出来るのも良い所かな〜と思います。
    育成をある程度キチンとやれば、初心者さんでも大抵のクエストは攻略出来るかと思います。
    ぜひ長〜くゆるゆると続けて頂きたいものです(´∀`)

    さて、自分の栗野郎さんのブログへの書き込み史上、最も長文になったかと思いますw
    自分は初心者の時に結構こちらのブログにお世話になったので、初心者向け記事には思い入れがありましてw
    失礼しましたm(_ _)m

    • 栗野郎栗野郎
      2020年3月29日 10:52

      >ff ざき。さん

      労いありがとうございます(*´ω`)
      物語は面白く、仕組みも簡単で取っ組みやすい良いアプリなので
      ご新規さんが増えてくれると嬉しいんですよね♪

      スクナヒコナだけは常駐メダルにする価値があるくらい
      いて欲しい優秀なユニットだと思っていますw
      見た目のわりに有能すぎるw

      神楽は仰る通りのチートスキルですよね。
      自分も全属性揃えるまでに3年近くかかりましたf^^;
      スキルマにするのにも相当かかったなぁ。。w
      今はもっと早く揃うかとは思いますが(*´ω`)

      御衣も絶対に一つだけは欲しいですね。
      仰る通りの光が良いかと。
      自分のフロンはもう5年近く働き続けているんだなとw

      コメントありがとうございました♪
      これからも定期的に初心者向け記事は挙げていきたいなと思います(`・ω・´)

  2. 和牛十兵衛
    2020年3月27日 17:58

    記事更新お疲れ様です。

    早速アドバイスに従い、ベイルをリーダーに、旧アマテラス、光おでん、極ヴァル子、トリスタンで御衣デッキ作って来ました。
    後はベイル、アマテラス、おでんの装備を整えれば完成です。

    そして遂に念願の光神楽が完成しました。
    栗野郎さんがヨグ様のページで触れてた、W神楽+フォウ+ヨグ様で組んでるのでヨグ様の回転が速い。

    これからもユニット考察だけでなく様々な記事楽しみにさせていただきます。

    • 栗野郎栗野郎
      2020年3月29日 10:54

      >和牛十兵衛さん

      労いありがとうございます(*´ω`)
      おおお、早速御衣作られましたか♪
      アマさんとヴァルキリーの両名で複数ボスにも安心ですね(*´▽`*)
      御衣は一度作ると磨き続けたくなりますよw

      光神楽の完成もおめでとうございます♪
      フォウ羨ましい(*´ω`)

      • 和牛十兵衛
        2020年5月3日 1:23

        ヴァルフェスで極スルズ、和印フェスで極アマさんが来たので光御衣デッキを更新して来ました。

        アタッカーがスルズ、アマさん、ヴァル子と4単ばかりですが、トリスタンの3技で回転率速めて連打出来ますし、小ダメならアマさんの行動で回復可能と堅さに磨きがかかりました。

        後はスキラゲと装備の充実だけです。

  3. マット
    2020年3月27日 20:28

    更新お疲れ様でございます!

    初心者さんがゆるドラをもっと楽しみたいと思った時に、このブログに上手いことたどり着けるといいなぁ。

    たどり着いた初心者さまへ
    1属性でも強化素材ダンジョンを周回できるデッキが作れたら一気に楽になるのでがんばって〜

    • 栗野郎栗野郎
      2020年3月29日 10:56

      >マットさん

      労いありがとうございます(*´ω`)
      これから始められる方の参考になってくれたら嬉しいですね♪

  4. かほ
    2020年3月28日 19:49

    更新お疲れ様です!
    大変楽しい記事でした。記事をみて自分のユニットを見直しました。あ、こんなデッキも作れそうと改めて気づくことが沢山ありました。どうしよう、銀貨も素材もリアル時間も足りない・・・。

    私はプレイ再開から1年半程になります。まだまだ初心者の域ですが、栗野郎さんのブログを読み漁り攻略してこれました。6周年を迎えるにあたって、特にこれから始められる方は栗野郎さんのブログは攻略の道標になり目標にもなりますね!

    祝福×聖戦はゆるドラにおいて最善であり最良な組み合わせだと思います。まずこの組み合わせを作ればストーリー攻略からイベント戦まで戦えますし、戦いの基本が学べる気がします。

    そのあと自分にあった戦い方を模索していくのが本当に楽しくなります。
    神楽でぼこぼこにするも良し、御剣で力押しするも良し、御衣でじっくり攻めるも良し、です。栗野郎さんのブログにはこれらが全て詰まっています。経験者は語るです(笑)

    栗野郎さんのように無課金でも十二分に楽しめますし、課金できる方は自分の理想をとことん追求することができます。まだまだ遊びますよ~!レッツゆるドラ~!

    • 栗野郎栗野郎
      2020年3月29日 10:59

      >かほさん

      労いありがとうございます(*´ω`)
      参考にしていただけて嬉しいですね♪
      自分も皆さんのコメントで最強戦乙女決定戦用のデッキが出来上がったり
      レイド用の攻略も練られたりで
      一人の発想じゃたどり着けなかったことが多いんですよね。
      なので、こういう場で少しでも還元出来たら良いなと(*´▽`*)

      太鼓判コメントありがとうございました♪

コメントを残す

※本文のみでも投稿可能です。お気軽にどうぞ。

このページの先頭へ