野獣の姫君ムニン:評価

2019年のバレンタインガチャに登場したオーディンの部下。
通常ガチャ産の中では人気があるユニットですが、限定化までちょいと時間がかかった感がありますね。
この流れだと相方であるフギンも近々限定化されそうですな(*´ω`)

ということでムニンの評価を行います。

 

野獣の姫君ムニン:ステータス

項目 LV100
HP 2754
攻撃力 2302
守備力 1407
回復力 51
素早さ 58

 

入手場所

バレンタインガチャ

 

個人的評価

スキル構成は3乱4単のボスキラー型
攻撃力が突出して高く、
耐久力、素早さが高水準となっている殴り合いに強い頼れるアタッカー。
素早さの高さから神楽でのダメージソース役としても期待できる優秀なデッキパーツですね。

圧倒的な攻撃力に加えたスキのない構成となったからか
特殊効果を持つ技を持たない欠点も併せ持ちます。
それでも十分すぎるアタッカーですけどねw

その使いやすさより
初心者から上級者までオススメ出来るユニットかと思います♪

技・ステより戦乙女決定戦は苦手分野。
ですが防衛に限り、その素早い足からの4単で確実に一体を仕留める嫌らしい存在に変貌しますw
その方向での採用ならば十分にありですね。

レイドPvPは逆に得意分野。
光推奨のレイドが来たら大暴れさせてあげましょう♪
また、塔をはじめとした高難易度クエスト、高速周回が求められる素材狩りでも真価を発揮。
多くの場所で採用可能ですよ♪

 



4技はこんな感じ。
美しいバラが散った後、ビーストモードに変貌
相手一体を徹底的に切り刻みます。

 

キャラはこんな感じ。
資格を持つ者にしかモフらせない高貴なる存在。
この偉そうな態度がたまらないですねw

 

LSは殴り合いに強い御衣。
装備枠解放などをしないと守備力2000以上達成は難しいですが、ボスキラーとして優秀であるため
スキラゲ対象としては十分にありかと。

オススメ装備は火力が上がるもの。
耐久力は十分にあるため、よりダメージを伸ばす方が真価を発揮してくれますね。

 

スポンサードリンク



前後の関連記事



この記事へ6件のコメント

  1. デボラ
    2019年2月8日 17:44

    栗野郎さん、こんばんは~
    うわ~、可愛すぎ~(^^)ムニンちゃん好きな私としては欲しい!んだけど、怖可愛いのがいいなぁ^^;(すみません、語彙がなくて、どれも可愛いとしか言えないですぅ~(-_-;))
    でも、戦闘中に待機しているところとか、ダメ受けているときのユニットなどどれも可愛いので、ほんとそれしかないんですよねw

    • エマール
      2019年2月9日 3:13

      デボラさん、こんにちはー(o’∀︎’)ノ

      いや〜、このムニンちゃん、可愛いんだけど怖っΣ(・口・)
      ケモミミ系とはいえ、ジキル&ハイド並みの変身っぷりですねぇ!

      ムニン、フギン、ヨウゼン好きなので、ここはやはりAを回すべきか…。バレンタインユニットはあまり持っていないので、AもBも魅力的で迷います〜…(´-ω-`)

      • デボラ
        2019年2月9日 23:38

        エマールさん、こんばんは~
        ガチャは何度となくやってくれるので、まぁ長い目で見れば、それなりに揃ってもいきますよ(応援にも慰めにもなっていませんねw^^;)
        その時に自分の金貨や気分(何のヘルプにもならないw)で私も参加しますw
        良いガチャ運が来ますように!

    • 栗野郎栗野郎
      2019年2月10日 12:25

      >デボラさん

      どうもこんばんは♪
      今回のムニンもとても良いですよね(*´ω`)
      可愛さと使いやすさが備わった優秀なユニットかと思います。

      思わず語彙力も奪ってしまうくらいの可愛さw

  2. アンジュ
    2019年2月9日 15:50

    今回のムニン可愛すぎwwなんか元の方とちょっとキャラ違うような気もするけど気のせいか!?

    4技は野生開放ですな( *・ω・)ノ

    光神楽アタッカーがうちは少ないから欲しいなぁ・・・

    • 栗野郎栗野郎
      2019年2月10日 12:31

      >アンジュさん

      メチャ可愛いユニットですよね♪
      この偉そうな態度も素晴らしい。。w

      使いやすい高攻撃力神楽アタッカーなので
      自分の手に入れておきたいですね(*´ω`)

コメントを残す

※本文のみでも投稿可能です。お気軽にどうぞ。

このページの先頭へ