慧眼の女神オモイカネ:評価

倭神の主神アマテラスの秘書を務める知恵の神
ゆるドラ内のメガネキャラに珍しく大真面目で、
今回のイベントでも根本の解決に奔走した有能なキャラという印象ですね(*´ω`)

そんなオモイカネのユニットとしての評価を行います。

 

慧眼の女神オモイカネ:ステータス

項目 LV100 専用装備込み
HP 3138 3138
攻撃力 1623 2023
守備力 1136 1336
回復力 57 58
素早さ 49 50

 

入手場所

イベント:天の祭りに日は隠れ

 

個人的評価

スキル構成は3全4乱の雑魚チラシ寄りボスキラー型。
耐久寄りのステータスをしており、
専用装備を持たせることにより足りない素早さも補強され、配布とは思えないユニットに変貌します。

当然、専用装備無しでも攻撃偏重武器を持たせることでバランスの良いステに仕上がり
長期戦において高い実力を発揮してくれますね。
星5にするまで結構かかりますが、
それに見合った実力を持つ初心者にもオススメ出来る使いやすいユニット。
配布ながら通常ガチャ産ユニットクラスの強さを持っているので
炎の戦力が足らない方は出来得る限り取っておくことをオススメします(*´ω`)

ステ・技構成からPvPは苦手寄り。
回復力の高さは魅力ですが、足の遅さがやや厳しいか。
主にクエスト専用機として活躍してもらいましょう。

 

キャラはこんな感じ。
助けを求めたはずのゲスト主神に対しても
ギャグを一切許さないとてもお堅い性格。

ヴェルダンディも少し見習った方が、、w

LSは塔、イベントに強い祝福。
ステと噛み合いますが、スキラゲ要員としてはキャラがお気に入りとならない限り
やめておいた方が無難かと思います。

オススメ装備は専用装備、または火力が上がるもの。
耐久力は十分なのでアタッカーとして伸ばすと良し。

 

スポンサードリンク



前後の関連記事



この記事へ4件のコメント

  1. アンジュ
    2018年7月10日 17:53

    お疲れ様です(^^)

    専用装備込みで考えると装備3枠開けると中々の性能になりますねこれ(^^)3枠開ければ素早さもちょい上がりますしねぇ・・・まあ、3枠開けるのが大変なんですがww

    キャラ的にはゆるドラ独特のギャグが通用しない真面目眼鏡っ子!しかし、そのうちヴェル、アルヴィトと絡んでキャラ崩壊しそうww

    オモイカネと言うと自分は「孔雀王 退魔聖伝」を思い出すんですが、それでのオモイカネがまあ、とんでもなく悪(あくまでも人間視点では)に描かれていたのでその後の色々な作品にオモイカネが出るといつも不安になりますww今回もゆるドラなので心配する必要ないんですけど、それでも、え?どんなキャラなん?と恐る恐る・・・かわいくて安心しました(^^)

    • 栗野郎栗野郎
      2018年7月11日 12:09

      >アンジュさん

      労いありがとうございます(*´ω`)
      ですです。
      そこまで完成させるのは大変かもしれませんが
      期待に応えてくれる一枚ですね。

      貴重な眼鏡キャラですし、今後も倭神イベントでは出番がありそうですな。
      実際に過去キャラも今回登場しましたし(*´ω`)

      孔雀王。。
      いきなり「勉強してきます!」とかコメント残して
      連載ぶつ切りにしたのはビックリしたなぁ。。
      はよ続き書いてほしい。。w

  2. 和三盆
    2018年7月11日 14:35

    栗野郎さん記事更新お疲れ様です。

    来ましたね。とうとうこの日が!

    ゆるドラ眼鏡界では珍しい黒髪アップのクール眼鏡美人を私は待っていました…ッ!
    (興奮を隠しきれない)

    ご紹介記事にもありますが報酬キャラの中ではかなり優秀ですよね。
    倒れないスキンルチャージャーとして活躍してくれそうです。

    ラビリスさんと一緒に大人の眼鏡キャラとして今後も活躍して欲しいですね!

    オモイカネで連想するのは女神転生やナデシコなのですが、美人なゆるドラのオモイカネさんが良いです(笑)

    • 栗野郎栗野郎
      2018年7月13日 12:58

      >和三盆さん

      労いありがとうございます(*´ω`)
      不思議と真面目メガネキャラが珍しい世界観なんですよねw
      オモイカネも有名な神だからか色んな世界で登場しますな。
      自分も割とゆるドラの方がお気に入りな神様が多かったりします(*´ω`)

コメントを残す

※本文のみでも投稿可能です。お気軽にどうぞ。

このページの先頭へ