純驕の花嫁スペルヴィア:評価

大罪メンバー達も徐々に限定化の波が押し寄せて参りましたね。
人気のありそうなスペルヴィアも嫁キャラへと選出されました(*´ω`)

スペルヴィアはどのようなユニットとなったのか
評価を行いますね。

 

純驕の花嫁スペルヴィア:ステータス

項目 LV100
HP 3008
攻撃力 2115
守備力 1224
回復力 62
素早さ 57

 

入手場所

ブライダルガチャ

 

個人的評価

スキル構成は3特殊単4特殊乱の万能型。
ステータスは守備力以外の全てが高く、
ダメージソースからボスの超絶バフ解除まで
多彩な活躍が出来る使いやすいユニットに仕上がっていますね。

高速周回からボスキラーまで担当できるユニットが持つディスペルは非常に有用で
不意なボスの超絶バフによる詰み事故の予防にもつながります。
とりあえずデッキに入れておいて問題のない代表格のユニットなので
初心者から上級者までオススメ出来るユニットとなっておりますね(*´ω`)
手に入れられた方は大切になさってください。

ステ・技構成からPvPも得意分野。
レイド、最強戦乙女決定戦両方いけるので活躍の場所は多いです。

 


4技はこんな感じ。
麗しいカットインの後、敵グループにビシバシとムチを振るいます。
実際には無いけど男性設定のユニットからは「ありがとう!ございます!!」という声が聞こえてきそうw

更に命中した相手の攻撃力を低下させるデバフ効果ありという攻防一体の優秀な技。

 

キャラはこんな感じ。
流石は傲慢の大罪といったところ。
思わず跪きたくなるキャラとなっておりますね。

 

LSは長期戦に嬉しい聖戦。
スキラゲ対象として文句の付けようがない性能。
多くの方がスキルマに走られると思われます。

オススメ装備は火力が上がるもの。
アタッカーとして磨いてビシビシダメージを稼いでもらいましょう♪

 

スポンサードリンク



前後の関連記事



この記事へ11件のコメント

  1. デボラ
    2019年6月6日 15:30

    栗野郎さん、こんにちは~
    記事更新お疲れ様です~

    キャラは嫌いじゃないですよw純陽に純驕、いいネーミングですね(^^)怖い、、、w
    ともかくスペックもご本人の溢れんばかりの豊満さと変わりないその様相、魅力的ですw強いものに惹きこまれる私としてはw来て欲しかった一人。まぁ今回の新ユニットは皆さん、素敵なんですけどね。とりあえず、単発30回最後にして来てくださったので嬉しいです。はぁ、ガチャの道は険しい、、

    • 栗野郎栗野郎
      2019年6月6日 21:51

      >デボラさん

      どうもこんにちは♪
      労いありがとうございます(*´ω`)

      ネーミングも物凄いものがありますよね。
      なんて読むんだというのもあったりw
      ユニットとしても凄く強く設定されていますからね、欲しがる方は沢山いらっしゃるかと思います(*´ω`)
      ガチャの道はホント険しいですなf^^;

    • エマール
      2019年6月11日 2:07

      デボラさん、こんにちはー(o’∀︎’)ノ

      デボラさんが1回分の金貨がたまったからヤケクソで引いたらスペルヴィアが来たと書かれていたので、私もツクちゃんとイズちゃんだけでは物足りなかったからマネしてログボとかで1回分たまったところでガチャったら…ゲーティアが来たんですー!ありがとう、デボラさん(^o^)ありがとう、ヤケクソガチャ(^o^)

      前の方で旅行のことに触れていただいたので少し話しますと、新潟県十日町市にある広大なリゾート施設に行ったのです。母が友人と毎年行くところで、私たち夫婦とも一緒に行きたいと言うので3人で。
      雨だったので屋外には出ずに温泉に入ったりホテル内をブラブラして、食事には地元の魚沼産こしひかりが出たりして結構盛りだくさんでしたねーd(・∀︎<)
      屋内でできるからと地元の名物へぎ蕎麦のそば打ち体験にも参加したら、もともと料理上手な主人が気に入ってしまって、本当にそば打ちセットを買うと言ってますΣ(・口・)

      少し前に父を病気で亡くしたので、それからは父の分まで母に親孝行をしようと誓ったのですが、昔から母は厳しいので今もよく叱られるんですよ(lll-ω-)ほら、GW中にレイドやってて叱られたりね。ゲームやり過ぎだって。今回も旅行とスタ半が重なったからヒヤヒヤしたけど、まあなんとかギリギリセーフだったかな。

      3人で旅行というのも初めてで楽しかったから、また機会を作って行こうと思います(^o^)関西方面でどこかおススメがあればぜひ教えてくださいね。

      • デボラ
        2019年6月11日 14:58

        エマールさん、こんにちは~
        うわ~い、ゲーティアちゃんおめでとうです~!雷お姉ちゃんとのコンビ本当に可愛くて素敵です~。羨まし~(^^)(ヤケクソガチャ、うん?何気にいけるかもw)

        旅行お天気は残念でしたが、お母様との良い思い出も出来て楽しい時間になったようで良かったですね!新潟は若い時にスキーで訪れたことがあるぐらいでほとんど知らないのですが、関東にお住まいの方々は親しみのある土地なんでしょうね。私も機会があれば行ってみたいです~

        お父様ご病気でとのこと、ご家族の皆様のお気持ち如何ばかりかと思います。残念で哀しくて、お辛いことでしょうね。だからこそ、新しい気持ちや繋がりも家族の中でも出てくることと思います。皆さんでどうぞ穏やかな毎日を過ごされますようにと願っております。

        • エマール
          2019年6月11日 17:18

          デボラさんの優しいお言葉に涙が出てしまいました。父は医療ミス(病院は違うと言ってる)が原因で思いがけない早い死となってしまったので、父に十分できなかった親孝行を母には思う存分しようと誓ったのです。
          厳しくて叱られてばかりですが、私は母のことが大好きなマザコン娘。母が喜ぶことは出来るだけ叶えてあげようとまた新たに誓いました。
          デボラさん、ほんとにありがとね。デボラさんも親御さんとたくさん楽しい時を過ごしてくださいね。

          • デボラ
            2019年6月12日 12:54

            エマールさん、そうでしたか。辛い思いをお話しくださって哀しい気持ちがまたわき上がってくることになって申し訳なかったです。

            お父様のことお母様のこと、そして係わる皆さんのことをより深く感じいってしまうことでしょう。ふとしたときに、エマールさんの好きないろんなことや、そしてご主人様の故郷の鹿児島の大自然の風景などでほっとするのもいいと思いますよ~。お身体にはくれぐれも気をつけてね~

          • アキ
            2019年6月13日 0:03

            エマールさん、旅レポ楽しく読ませてもらいました。
            自分もデボラさんと同じく越後湯沢くらいしか行ったことがないのですが素敵な場所がたくさんあるのでしょうね。
            羨ましいです。

            うちの相方さんは御両親が健康なせいなのか親孝行にあまり熱心ではないです。
            「将来絶対に後悔するから」と伝えているんですが、ピンと来ていないようですね。
            やれやれといった感じです。

        • エマール
          2019年6月13日 3:07

          デボラさん、申し訳ないだなんて!楽しい話題のはずがついつい湿っぽくなってしまってこちらこそごめんなさい。
          デボラさんのおっしゃる通りですね。ふとした拍子に考え込んだり先の心配をしたりしてしまったら、音楽を聴いたり、明るい海外ドラマを見たりするとよいかな。たまには鹿児島で南国のおおらかさに触れてもいいですね。
          お互いに家族を大切に、健康で楽しい毎日を過ごしましょう。デボラさんには本当に感謝です。今日からはまた明るく行きますよ〜!

        • エマール
          2019年6月13日 3:40

          アキさんもありがとうございます。ご両親がご健在なのはお幸せなことですね。アキさんと奥様のやりとりが目に見えるようで微笑ましいです。

          私が行った十日町市は越後湯沢にも近いので、そのリゾート施設(ベルナティオ)は雪深く、冬はスキーもできますよ。かんじきを履いて雪道を歩くツアーもあるそうです。食べ物や日本酒も美味しいものがたくさんありました。
          新宿や東京駅などから送迎バスが出ているので行きやすい!気軽な一泊旅行にはおススメです。Wi-fiも完備なのでゲームもちゃんとやってました(叱られる寸前くらい)。

  2. チハヤ
    2019年6月6日 19:34

    マミル「他人のような気がしない」

    • 栗野郎栗野郎
      2019年6月6日 21:51

      >チハヤさん

      そういえばキャラの方向性としては似てますねw

コメントを残す

※本文のみでも投稿可能です。お気軽にどうぞ。

このページの先頭へ