ウィズセレクション祭:鮮血ずきんガチャ評価

どうもです!
また謎のタイミングでウィズセレクション祭精霊が追加されましたね。
今回の登場精霊は特殊で限定が含まれているドルキマスⅢガチャ等には排出しないため注意してください。
「クリスタルガチャ」タブのガチャでしか排出されません。

さて、今回も一体一体評価を行っていきますよ。
皆様の参考になりましたら幸いです(*´ω`)

 

 

スポンサードリンク

無垢な鮮血ずきん メメリー・ポプン

属性:雷

AS1:属性特効
3チェインで水属性の敵単体へ特効ダメージ(効果値:350)、
パネルの色が2色以上でさらにアップ(効果値:450)
AS2:属性特効
3チェインで水属性の敵単体へ特効ダメージ(効果値:450)、
パネルの色が2色以上でさらにアップ(効果値:450)

SS1:炸裂大魔術
スキル反射を無視し、敵単体へ雷属性のダメージ(効果値:950)、
さらに隣接する敵に雷属性のダメージ(効果値:950)
SS2:炸裂大魔術
スキル反射を無視し、敵単体へ雷属性のダメージ(効果値:1250)、
さらに隣接する敵に雷属性のダメージ(効果値:1250)
初回4-7T(7-10T)

特筆潜在
純属性ステアップ、九死一生Ⅱ、プチアドヴェリタス
L時:攻撃力2000アップ

 

雷では2枚目となる炸裂大魔術の持ち主。
ASは条件付き特効で純属性でありながら複属性パネルを踏まないと真価が発揮できないところに注意。

またSSはリフィルと同じ炸裂ながらも、倍率はSS1の時点でリフィルSS2より上です。
そのため回転率が悪く気軽に打てないタイプですが、純属性にプチアドヴェリタス持ちと威力は上々。
トナメでもボス戦に間に合うため、フィニッシャー役としても十分です。

そんな悪くない精霊ですが、やはりASが足を引っ張るのが痛い。
相方がいないと安定しない欠点となっているため、
起用する場合はSSの威力を見込んでの運用となりそう。

 

大胆不敵義賊狼 ラグール・リオン

属性:火

AS1:攻撃強化・ガード
全属性のダメージを10%軽減し、
デッキに単色の精霊が多いほど、攻撃力をアップ(効果値:15)(上限:5段階)
AS2:攻撃強化・ガード
全属性のダメージを10%軽減し、
デッキに単色の精霊が多いほど、攻撃力をアップ(効果値:20)(上限:5段階)

SS1:精霊強化
4ターンの間、味方全体を徐々に回復しダメージを軽減、
さらに攻撃力をアップ(効果値:15、15、100)(発動中行動不可)
SS2:精霊強化
4ターンの間、味方全体を徐々に回復しダメージを軽減、
さらに攻撃力をアップ(効果値:25、25、150)(発動中行動不可)
初回1-3T(4-6T)

特筆潜在
純属性ステアップ、SP封印無効、戦後回復

 

あんたサポート役なのかw

ASガード、SSガードと精霊強化を解いた状態でもある程度敵の攻撃を軽減してくれる存在。
正直、回復の方が良かったような気もしますが、スキルディスチャージにより思わぬ自体となった場合でも
攻撃を和らげてくれるのは魅力。
また結晶込みで初手から精霊強化を使用することが可能となるため、火力増強要員としても優秀。

一番の問題は火単には状態異常G精霊強化という強大すぎるライバルがいる点。

 

滅んだ一族の狼姫 リコラ・ラレット

属性:水・雷

AS1:回復
パネルの色が2色以上で水・雷属性の味方を回復(効果値:34)
AS2:回復
パネルの色が2色以上で水・雷属性の味方を回復(効果値:40)

SS1:特殊パネル変換
ジャンルパネルにチェインとスキルチャージの効果を付与(効果値:1、1)、
パネルの色が増す度さらにアップ (上限値:3、2)
SS2:特殊パネル変換
ジャンルパネルにチェインとスキルチャージの効果を付与(効果値:2、1)、
パネルの色が増す度さらにアップ (上限値:5、3)
初回3-5T(3-5T)

特筆潜在
複属性ステアップ、心眼、SP・AS封印無効、戦後回復

 

AS・SS共にかなり特殊な能力を持った精霊。
相方に同属性で且つASアタッカー・SS3T周期複属性パネル変換持ちを持って来られれば
一人で3名分くらいの働きをしてくれます。
主に火力ではなく裏方としての活躍ですが、SP・AS封印無効も持つため安定度は抜群。
相方次第ではありますが、個人的に今回追加の中で一番の当たりだと思っています。

サタ女2ルルベルのような2T周期で打てるようになる多弾SSとも相性が良く
様々な組み合わせが作れそうですね。
トナメに向かないのだけは残念。
その安定性から高難易度クエストで出番がありそう。

 

ということでウィズセレ祭ガチャユニット評価でした♪

 

スポンサードリンク



コメントを残す

※本文のみでも投稿可能です。お気軽にどうぞ。

このページの先頭へ