初心者向けの記事:デッキ組みの基本

「4周年記念からのやるべき事:中級編」の前にデッキ組みの基本について語っていきたいと思います。
精霊が多く、どう組めばよいのか。。。
始めたばかりの場合分からない方も多いかと。
そんな方のために基本となるデッキ構築について書いていきますね(*´ω`)

 

デッキ組みの基本

これまで書いてきた初心者向けの記事
4周年記念から始めた方のやるべき事:初級編
通常ガチャから出るオススメ火精霊の紹介
通常ガチャから出るオススメ水精霊の紹介
通常ガチャから出るオススメ雷精霊の紹介
これらを見て実践していくと下図のようなデッキが作れるようになるかと思います。
※一部は通常ガチャ産なので、当然差異は出てきます。

 

・火属性デッキ

・水属性デッキ

・雷属性デッキ

一例として3属性それぞれの序盤オススメ構成を載せました。
メインストーリーのオゥランディまでなら問題なく上記のデッキで突破できるかと。
※アユタラより特殊な敵が登場するので、一部変える必要が生まれます。

そのまま真似ても良いのですが、どのような意図でこのデッキとなったのか知りたいですよね?
意図を知ることによりデッキの理解度がより深まり、自分自身の手で更に良くなるように改良も加えることも可能となる。そしてそこから自分だけのデッキへと昇華していきTCG本来の楽しさが生まれてくる。
※黒猫は交換ができないので正確にはTCGじゃないんですけどねw

そういうことで、ここではデッキ組みの楽しさを見いだせてもらえれば良いかなと思います。
初級で色々と突っ込んでみて壁にぶち当たる。そこで新たな切り口を見せて自分で創意工夫を行えるようにしデッキ組みの楽しさを知り、より強くなる。
完璧な流れだ!(ひどい自画自賛w

デッキ組みの基本がわかれば、自ずと自分自身に足りないものも把握でき、
新カードが登場した時にこれはなくてはならない!等の判断も出来るようになります。
初心者用記事ながらも重要な一節ですよ。
ということで、次からデッキ組みの基本を書いていきますね。

 

スポンサードリンク

 

さて前置きが凄く長くなりましたが、個人的なデッキ組みの基本について語っていきますね。

雷デッキが一番分かりやすいので、こちらを例にします。
基本はアタッカー3名、ヒーラー2枚。

アタッカーの定義はASがダメージアップとなっている精霊です。
SSが回復でも攻撃力が高く、ASが攻撃的なものになっていればアタッカーとして定義します。
味方の攻撃力をアップするASもありますが、そちらは補助扱いとなり
ややこしくなる可能性があるので、オススメなデッキ一覧紹介記事を書いたときにでも語りたいと思います。

 

ヒーラーはASが10%以上の回復であればヒーラー扱い。
それより低い場合は、ヒーラーとしてはちょっと弱いかな。
ひとまず2人で20%以上となれば回復は十分。
※SSが回復でなくても、ASが回復であればヒーラーとなります。

それらを踏まえ、上図のデッキを作りました。
ファムはAS特効で水に対して大ダメージを与える精霊。そしてSSの遅延でピンチを脱する役目。

ラエドは全体攻撃で雑魚敵の打ち漏らしを掃除し、SSの反射無視大魔術で道中、ボスの苦手な敵に対してダメージを与えていく役目。

メイヴィスは分散攻撃という特殊なASで打ち漏らしの雑魚敵にダメージを与えつつ、敵が一体になると分散攻撃が集中し単体に対しても効率よくダメージを与えていきます。
ASがダメージアップなのでファムが苦手な属性に対してもある程度の火力が期待できます。
更にはSSも反射無視なのでボス戦でもダメージソースとしても優秀。

スザクロッド自警団は味方の回復をしつつ、道中のパネルが切れたらSSで補給する役目。
SS2はダメージ軽減も付くのでボス戦での耐久戦で有利に戦うことが可能となります。

アフロディテは完全にヒーラー役。
ASで回復しつつ、敵が状態異常を使ってきたらSSで解除。
味方が攻撃不能にならないよう裏方に徹しましょう。

攻守ともに分かりやすくオススメできるデッキかなと。

 

以上が全ての核となるデッキの基本ですね。
ここから自分なりにアレンジを加え、アタッカーを増やしてアタッカー4、ヒーラー1のデッキにしたり。
敵の攻撃が厳しすぎるので一人で完結できるアタッカー1、ヒーラー4の超要塞デッキで挑んだり。
様々な調整をしてみてください。

いきなり自分なりにアレンジするのではなく、基本を理解することは需要なことです。
基本を理解することで応用も可能となり

このようなデッキがどこで通用するのか、どう強いのかがハッキリと分かるようになってきます。
メインストーリーで基本を試し理解を深めていってくださいね(*´ω`)

ということで、なんかあまりためになってないんじゃないかという疑問も残りますが
デッキ構築についての記事とさせていただきますw
ではでは。

 

スポンサードリンク



コメントを残す

※本文のみでも投稿可能です。お気軽にどうぞ。

このページの先頭へ